掲示板

記事を閉じて表示
記事を閉じる 製造理念  投稿者: P.E.O. ATV事業部     No.1 URL

大量生産に産み出された製造部品は、コストと時間を掛ける事があまり好ましく有りません。必要最小限で最大の製造部品を求められています。オートバイ・機械類や工業製品は、それぞれ部品類の組合せから成り立っています。それらの多くは、ボルト締め・溶接や“はめあい”などで組付構成されています。この“はめあい”には、【公差】※1や【表面粗さ】※2が大きく精度・性能に影響するのです。精度・性能を高める為には、多くの工程※3が必要になります。簡素化するには、製造法や製造素材を変更しなければなりません。例え、ベストな組合せを熟知し理解していても、ベターな選択を責められます。 それらを組み合わせても本来の製品が持っている性能とは、劣っている製品になってしまうのです。それでも使用可能な製品は、数多く有り、納得してしまう事もあるでしょう。しかし、製品の本来持っているポテンシャル(潜在能力)を引き出す事も可能です。
 私たちは、精密加工部品を製造する過程において、製品の適材使用を熟知し、探求しています。その構成されている製造部品やユニットについて、よりベストな製造品を組み合わせることによって、ポテンシャルを高められます。それらの多くは、“はめあい”の製造部品が関わっています。製造品には、全て基準が備わっており、それらを限りなく“0”基準に近付ければ良いのです。これらを探求した製品を製造しているのです。

新規投稿

*必須入力項目

掲示板上で公開
*
(記事の修正・削除時に使用。半角英数字4~20文字)
*

画像に表示されている文字を入力してください。

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -